読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるビジネス録

バンコクを拠点に、マーケティングやライティング、営業の仕事してますが、プライベート含めて、ノンジャンルの備忘録的な感じでゆるゆると。

海外から日本への送金方法があまり紹介されていないから、あえて経験談交えて書くぞ。

f:id:Trickster225:20151105110359g:image
しかし、何故に日本への送金方法の情報が少ないのか。
日本人は現地で稼いだお金を日本の口座に送らないとクレジットカード決済できないでしょうよ。

という訳でお得に日本へ送金する方法を探し求めていたのでした。
数少ない情報リソースをリサーチした結果、マネーグラム経由enremitに活路を見出した私は、プロンポン駅前にある、サイアムコマーシャル銀行へ。


受付で、マネーグラムを使って送金する旨を伝えれば、窓口に通してくれます。


そこで以前書いた記事に登場した、どストライクなおねえさんが書類を持って来るのだが、あまり送金をすることがないらしいのね。受け取りの方の書類を持ってきたのです。
(窓口受け取り方法は巷に情報が溢れているから、割愛)

英語が読めれば問題ない簡単なA41枚の書類を記入、そしてパスポートと送金する金額+手数料(ここでは600バーツ、約二千円弱取られた。正規の方法に比べれば安いもん)を支払。


さて、手続きの最中にナイスガイなお兄さんと質問プラス談笑。
「いや、同姓同名だからなんで?って思ったわ!」
「カードの支払が日本の口座だなんて面倒だよね!」

などと話していたら、20分程で手続き終了。もし口座開くなら、1つはここにしようと思った位、気持ちの良い対応でしたね。


さて、肝腎な入金ですが、enremitというサービス経由で、窓口でもらったリファレンスナンバーと入金先の口座をweb上で入力しましたら、無事2営業日で入金が確認できましたとさ。


参考)enremit


銀行間取引よりもリーズナブルで簡単で早いので、しばらくはこれを活用しますが、他にも低コストな方法があるようです。いずれそれも試してみたいものです。